部屋の隅っこで書く技術ブログ

中の人は20代後半Web系エンジニアです。テーマは闇鍋ですが、マネジメント、Ruby/Rails、ブロックチェーンの話題が多めです。

【JavaScript】Vue.jsとES6の習作としてポーカー作った

f:id:expajp:20190613231800p:plain

Vue.jsとES6(ES2015)を勉強するための習作として、ポーカーを作ってみました。上の画像がそのままスクリーンショットです。

expajp.github.io

で、GitHubリポジトリがこちらですね。

github.com

2年ほど前にRubyRailsの勉強はじめてからほぼRubyしか書いてなかったのですが、その間にもJSの動向は気になっていました。

JSなんて添え物だったのに何だかすごいことになってるなあ……と思いつつ、「RubyRails覚えるのにとにかく集中して市場価値を確立しないと死ぬ」という状況だったので見て見ぬふりをせざるを得ず。

昨年の秋頃にProject Euler100問解答したのをきっかけにそろそろ見ないふりもできなくなり、Vue.jsとES6に手をつけることにしたのでした。

続きを読む

フレームワーク:開発合宿@土善旅館

f:id:expajp:20190513213933j:plain

これはなに

2019/04/27-29、つまり10連休最初の3日間に土善旅館に開発合宿に行ってきました!

mohikanzのメンバーが合計21名で宿泊し、3日にわたるもくもく会を行ったのでした。

旅館の開発環境はすばらしく、それぞれが大きく進捗を出して帰ってきました。

何人かがブログに書いてくれてたりもしています。

mattenn.fkgt.net

www.aquasword.jp

note.mu

実は自分、この合宿の幹事をつとめておりました。

企画から当日の運営までほぼすべてを1人で行い合宿の運営ノウハウが手元に残ったので、「色んな人が開発合宿を企画してくれればよいな」という思いでフレームワークの形でまとめることにしました。

その成果物がこの記事です。

免責事項

フレームワークはあくまで有志がまとめた非公式のものです。文責はすべて作成者@expajpにあります。本フレームワークの内容自体について、旅館へ問い合わせを行うのはおやめください。

各種情報は2019年4月末時点のものなので、変更されている場合がございます。実際に合宿を行う場合は宿のWebサイトを隅から隅まで読んだ上で、必ず宿にご確認ください。

情報の変更があれば追記の形で対応するので、@expajpまでご連絡いただけると助かります。

続きを読む

Rails Developers Meetup 2019で聴いた話を全部3行でまとめた Day2編

f:id:expajp:20190329000414j:plain

※写真はフォトスポンサー:LOVEGRAPH*1さんの撮影

RailsDM2019で聴いた話を全部無理やり3行でまとめた記事、Day2編です。

前回の記事はこちらです。

expajp-tech.hatenablog.com

なぜ3行でまとめたかは前回の記事に書いていますのでそちらをご参照ください。

スポンサーセッションと基調講演は対象外ですのであしからずご了承を。

では、Day 2編行きます!

続きを読む

Rails Developers Meetup 2019で聴いた話を全部3行でまとめた Day1編

f:id:expajp:20190326235451j:plain ※写真はフォトスポンサー:LOVEGRAPH*1さんの撮影

3/22金、23土と開催されたRails Developers Meetup 2019に行ってまいりました!

railsdm.github.io

過去最大規模での開催ということで、登壇者の顔ぶれは超豪華、かつトークの内容も気合の入ったものばかりでした。

RailsDMは月次開催の時代に1回、2017、2018のDay 1, 2, 4, そして今回と参加してきましたが、過去最高に楽しかったです。

トークを3行でまとめた

今回は勤務先がスポンサーということで業務として参加したので、給料泥棒と言われないように効率よく持ち帰る方法はないかなーと思って、さっと思いついたのがこの方法。

聴講したトークを無理やり3行以内でまとめる ことです。

これを意識するだけで、話の構造を捉えつつ、その流れの中で何が言いたいのかを考えながら聴くことができます。

院生時代に准教授の先生に本を読むコツとして教わったものですが、本当に役に立ちました。

本記事では、トークを聞きながらまとめた内容を順に公開しながら、少しずつコメントを書いていきます。

なお、基調講演とスポンサーセッションは対象外です*2のであしからずご了承ください。もっと英語力がほしい。

*1:出張撮影サービスのLovegraph[ラブグラフ]|想い出を写真に。

*2:DHHとJeremyの発表は英語力不足でまとめられず、高橋さんの発表はスポンサーとしての仕事で全部は聞けず

続きを読む

いまさら雑に1年を振り返る2018

f:id:expajp:20190226220542p:plain

あけましておめでとうございます。

と2019年の6分の1が終わってから言うことになってしまいました。

ここ2ヶ月ほど、プライベートや他の趣味が忙しすぎ、ブログを書く暇を全く取れていませんでした。

終業後が週5で埋まっている状況がデフォだったんですから、もうちょっと自重しながら予定を入れようと反省してます。

2017年の振り返りはこんな記事でした。

expajp-tech.hatenablog.com

注意

忙しい人やてめえなんざに興味はねえよという人は、今すぐブラウザバックしてください。

2年目よりは落ち着いていましたが、社会人3年目としてはなかなかの充実度だったので参考にしてくれる人がいれば喜びます。

納得いただけた方がいれば「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む

Rails Developers Meetup 2018 Day 4に登壇しました

f:id:expajp:20181224205112p:plain

メリークリスマス!🎄

少し時間が経ちましたが、12/8土に行われたRails Developers Meetup 2018 Day 4 Nouvelle Vagueに登壇しました。

techplay.jp

今年はアウトプットに力を入れた一年でしたが、時期的にも内容的にも集大成的なプレゼンになりました。

感想と、話しきれなかったことと、懇親会で聞かれたこと、他のトークについて話します(これでも削ったんですよ!)

もくじ

  • もくじ
  • 登壇してどうだったか
  • 話しきれなかったこと
    • 直接仕事に役立つこととして、Railsガイドやチェリー本をやる
    • 情報収集の習慣をつける
    • 自分の実力じゃなくて努力を見よう
  • 懇親会で聞かれたこと
    • Rails中級者の定義
    • 情報学部出身であることによる視座の違い
  • 他のトークについて
    • 二人チームにおけるバックエンド開発の効率化を求めて
    • ApplicationModel のある風景
    • イカクジャーニー 〜スタートアップが必ずぶつかる課題と開発チームのメジャーバージョンアップ〜
    • スタートアップを通して学んだ最初からやっておけばよかったこと
  • 謝辞
  • まとめ

続きを読む

【情報収集】"本家"mohikan Slackでうまく情報を集めるためのルーティン

f:id:expajp:20181201001143p:plain

これはmohikanz Advent Calendar 2018 - Adventar 1日目の記事です。

mohikanz Slackて何?

mohikanz Slackとは、mohikan Slackから分離したITエンジニア向け雑談用Slackです。

そもそも、mohikan Slackは以下の記事にあるようにSlackを共同RSSリーダとして使って、ITエンジニアどうし協力して情報収集をしようというコンセプトで立てられました。

qiita.com

このSlackは情報収集に悩むエンジニアたちに人気を博します。そして、人が増えたSlackの常として、いつの間にやら#zatudanチャンネルが立てられました。

会話に飢えたエンジニアたちによって#zatudanチャンネルが盛り上がるにつれて「雑談コメントで記事が流れて情報収集を妨げてしまわないか」という声が上がり、#zatudanチャンネルはmohikanz Slackとして独立する運びになったのです。

分離から1年以上が経ちましたが、毎日常連で賑わっているほかにイベントが頻繁に開催されるなど、mohikanz Slackはすでにひとつのエンジニアコミュニティとして機能しています。

参加者は現在900名ほど。アドベントカレンダー効果で年内に1000行くと良いですね。

ちなみに、mohikanzでは分離元・mohikan Slackのことを【本家】と呼んでいます。

昨年のアドベントカレンダー1日目もあわせてご覧ください。

なんの記事なの

雑談Slackというだけあってテーマもバラバラ、別に技術が関係なくてもOKというゆるふわアドベントカレンダーですが、1日目は大真面目に本家mohikan Slackを私はこう活用してますという記事を書きます。

TL;DR

  • 帰る前に記事を開いて一覧化し、翌日に読め
  • 仕事中にうまく切り替えて少しずつ読め
  • 習慣化すれば時間を使いすぎなくできるが、ときには妥協も肝心

続きを読む